メインイメージ画像

知識を蓄え負けない態度で

独身で、保険を探す時は、探さなくても知人等の保険屋が、すぐやって来る場合が多いです。実際有った例として、高い保険料を払わす為、全く意味の無い高額の死亡補償に入らされる、必要でない特約を無断で付けるケースが有ります。酷い外交員は、1000万円以上でないと情報を隠します。死亡保険金額は100万円からでも無いなんて事は有りません。外交員の口車に乗り、多額の掛け金を払う目に遭う事を防ぐため、知識を蓄え負けない態度で話しましょう。

保険の必要性は、置かれた環境によって認識がとても違います。保険加入の際、注意点は人生設計が練られており、今は見送る時期と分ってるのと、加入の必要性が分らないとでは、大きく隔たりがあります。自由にできる資産が有る場合、万一の時は、葬儀にかかる費用は十分足ります。そういう状態で、死亡保険への加入は必要だと思いますか?保険と言っても信用を買う商品であり、要らないものは無駄な買い物と同種なのです。セールストークに耳を貸さず、必要な補償を選定し、買いましょう。

保険を検討する際の注意点は、最初に現状の契約内容は最適か?保険会社は信頼出来るか?保険料を払っていないか?等で検討される方が多いと思います。酷い事例としては外交員が、知り合いに頼み込んで契約したら、会社を辞めてしまう人、連絡できない上、行方が分からない。担当者が居なくなったのを催促しても、言い訳で終わる等、所属している会社の規律に問題があります。疑念が有る方は、新たな保険を契約し、縁を切る事をお勧めいたします。